産後に薄毛になって今だに戻らないので危機感

産後に薄毛になりました。

実際に私のことを産前産後と知っている人ならば、「あ!出産してなんか薄毛だね(ストレートにいえばハゲたね)」と思うことでしょうけれど、出産以後しか知らない人には、信じてもらうことはできないでしょうね。

しかしとりあえずお伝えしますと、私は小さい頃から剛毛だったのです。

アフロヘアーまではいかないですが、しかし南国の子どものような顔立ちだったこともあいまって、剛毛がいいかんじにファンキーなヘアースタイルになっていたのですよね。

自分でももちろん気がついていたのですが、髪の毛が太くて髪色も濃かったのです。

ですからアホ毛がたくさん生えているかのような状態で、ワックスでビシッと重たく抑えないことには、ツンツンツンツン髪の毛が何本も立っているような状態になってしまうタイプだったのですよね。

出産して薄毛になった今の私しか知らない人ならば、信じられないことでしょうけれど。

それにアラサーになっても剛毛具合は健在で、生まれた子どもも新生児の赤ちゃんなのに、しっかりと髪の毛がのっかって生まれてきました。

それももちろん愛くるしいのですけれど。

しかし思春期には自分のボンバーヘアーに悩んだ私からしたら、ちょっと心配になったところはありましたね。

そしてハゲの話に戻りますが、出産直後はたいして髪の毛は抜けていなかったんですよ。

出産してから3ヶ月ぐらいが経った頃に、ふと「あれ?髪の毛薄毛になっていない?」と、気がついたのです。

その前から、抜け毛が増えていたことには気がついてはいたのですが、しかし新生児育児でお風呂もゆっくりと入れない状態でしたので、そこまで気にしていなったのですよね。

正確にいえば、美容に気遣っている時間と余裕なんてないぐらいなものでしたから。

しかし確かに産後は薄毛になりましたね。

しかもそればかりか、髪の毛もグンと細くなったのです!それがもう驚いてしまって。

本当に、出産という大仕事は体質まで変えるんだなーと、ショックはもちろんびっくりしてしまったものです。

そしてまあ、出産から4年経った今でも薄毛になっていますので、さすがにもう危機感を覚えていますよ。

ですからこそ、薄毛対策をするべく、育毛シャンプーに変えています。

少しでも頭皮の健康と育毛を促さなくてはならないと思いましたので。

それはもう危機感というものかもしれませんね。

とにかく今では薄毛に危機感を感じているというわけですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です